2021年1月10日日曜日

2021年重賞 穴馬指定馬(軸)

2021年重賞で的中したレースでの
会員様に配信した穴馬指定馬(軸)の指名理由です。
穴軸の威力を示す意味で
三連単の配当も付け加えておきます。

レース名後の☆印は荒れる想定レースほど
☆が多くなります(2個から5個)
不的中レース及び馬券にならなかった軸馬は
まだ追いかけたい馬(妙味がある)ですので
掲載致しません。

重賞以外の3歳クラシックトライアルは
注目が高く力を入れておりますので
的中、不的中にカウントさせて頂きます。
(アネモネS・若葉S・プリンシバルS・スイートピーS・紫苑)
※払い戻しの馬券は驚くようなものだけ掲載しましょう



【福島記念】☆☆☆☆
5人気1着 52260円

過去10年でも穴は内のレースで勝ち馬も
5枠より内から出ている小回り重賞。今年も馬場は
タフですが外よりはうちの考えで問題は無い。
展開から行く馬が多いので我慢比べのレース。
ペースが上がっても2分程度の消耗戦になりそう。
会報からの狙い馬は穴軸以外では②③④⑤⑦⑧⑨


パンサラッサは栗東坂路後傾ラップ調教馬。
前走オクトーバーSではハイペースで逃げて後続を
完封する強い競馬で今回も56キロでの出走ならば
仕上りが1段上の今回も十分再現可能な組み合わせ。
自身の馬券圏内7回の内6回の上りは35秒8以上の消耗戦馬。

      




【エリザベス女王杯】☆☆☆☆
9人気3着 3393960円

昨年同様に阪神内回り2200M開催のエリ女。
宝塚記念と同様の舞台ですが時期的に馬場は今の方が
良く同じくくりには見れないレースであり
従来の京都外2200Mのエリ女とも
まったく違うレース質。昨年はペースが上がり
牡馬相手のG1でも勝ち負けできる強い3頭が
差し込んで3着独占でしたが今年は流石に
多少はペースが緩み内目が有利となると判断。
過去の傾向からも関東馬にはハードルが高いレースで
内目の枠の仕上げりの良い関西馬から勝負。
阪神開催ですので会報からの狙いは無し。
8人気までは全て押さえて二桁人気で購入は⑩⑪のみで勝負。


クラヴェルは3強を差し置いて調教1番手評価。
通常坂路追いの馬ですが今回最終追切はコース追い。
3,2,1週前栗東坂路後傾ラップ自体は良いですが
動きは上昇の余地ありと思っていましたが
最終のコースで素晴らしい動きを披露。
近3走は重賞で上がり3位以内の脚で馬券圏内と本格化。
内で2強の後ろでロスなく立ち回れば最後は
進路が開けるはずで大金星に期待したい1頭。





【武蔵野S】☆☆☆☆
3人気1着 27580円

毎年荒れる波乱の名物レースで
過去何度も美味しい馬券を手にしましたが
2年前は痛恨の3着抜け(栗東坂路後傾ラップ調教馬)
今年は1400M以下に適性がある馬の
見極めが非常に難しく穴人気馬からの勝負に徹し
大穴でそのあたりは拾っていく作戦で
明日のエリザベス女王杯に流れを作ります。
初ダートの穴人気⑧⑬⑮には手を出さず勝負。
会報からの狙い馬は穴軸以外では①④⑤⑥⑨⑪⑭
栗東坂路後傾ラップ調教馬から④⑤⑨⑭


ソリストサンダーは4番人気でしょうが単オッズ8倍程度で
▲狙いなら繰り上げで狙いたい調教1番手評価馬。
フェブラリーSは伸びない外から伸びた馬で
その後の交流マイルG1連続馬券内も納得。
56キロで出走できる点や不利の無い大外からの
レースで仕上げを見れば凡走の余地は少ないと判断。






【みやこステークス】☆☆☆☆
6人気2着 369130円

今年も舞台は阪神ですので例年よりスタミナが問われる舞台。
底力が問われるコースであり馬力勝負の消耗戦で
成績を残している馬が我慢比べで走るレース。
会報からの狙い馬は開催替りで無し。
栗東坂路後傾ラップ調教馬から③⑨⑯
そして未知の初ダートで仕上げ良いダンビュライトは押えます。


ロードブレスは狙いどころが明白な馬でダートでは
馬番6番以内(4-1-0-1)
右回りでは (3-0-3-0)
良馬場では (3-0-2-1)
休み明けは (3-0-1-0)
これらの状況が揃う今回は狙い時で間違いない馬。
3走前、2走前は今回より1キロ背負い上がり2位の脚で
重賞で連続3着のように今回1番人気でも良い馬です。






【ファンタジーS】☆☆
3人気3着 低配当につき省略

穴軸以外はどの馬も調教の動きが悪く
更に小倉2歳Sはレースレベルが低いと思っているので
10頭レースという事もあり穴人気している馬から勝負。
相手はオッズ程の差もなく
オッズ異常馬までの8頭レースとします。


ママコチャは3人気でしょうが他人気薄も
イマイチですし上位2頭も怪しいの
調教2番手評価を素直に。レース4戦目の
強みみありますし出遅れなければ勝ち負け。






【スワンステークス】☆☆☆☆
5人気2着 30750円

阪急杯G2並みのメンバーが揃った今年のレース。
小回り阪神1400Mらしく閉まったレースで
底力が問われる我慢比べのレースになるでしょう。
上位騎手が東京に向かっている事もあり
気を遣わず乱ペースになる可能性も含め底力型に期待。
会報からの狙い馬は開催替りですので省略。
栗東坂路後傾ラップ調教馬から穴軸以外で⑥⑩⑫
オッズ異常馬&▲は正午のブログで掲載。
大穴推奨は後傾ラップ調教では無いですが
仕上りが良い14人気ファーストフォリオを指名。


サウンドキアラは外厩非推奨馬。つまり今回の
外厩先は好走が少ないのですが3週連続で
栗東坂路後傾ラップ調教馬で1,2週前は
終い11秒台を記録と十分走れる状態。
+15キロ程度での出走にはなりそうですが
近走は外枠に泣いていただけで
馬番4番以内(3-1-2-1)の機動力が活きる舞台。





【府中牝馬S】☆☆☆☆
4人気1着 151700円

太秦ステークスはいつもどうりパドックからで。
さて府中千八のフルゲート重賞は毎日王冠
東スポ杯・共同通信杯含め記憶に無いくらいの条件。
頭数が増えるにつれてペースが上がるコースですが
大外強襲などは人気薄では難しいはず。
馬場は内有利という状況でもなく開幕週は
フラットでしたので今回も中段からロスなく
脚を延ばせる馬か展開が向いて前残りが穴の条件。
会報からの狙い馬は穴軸以外では②④⑤⑥⑧


シャドウディーヴァは狙い時が簡単で
中9週以上でしがらき仕上げの時のみ走る馬。
昨年の府中牝馬S・東京新聞杯2回
マーメードSと重賞で6回出走し4回馬券絡み。
それ以外の間隔を詰めた条件ですと
11回重賞に出走し3歳時の1回しか
馬券に絡んでいない点からも好走ポイントは明白。
11回走って8回馬券になる府中で好枠から
脚を溜めれば直線は図太く伸びてくれるでしょう。





【シリウスS】☆☆☆
5人気2着 31240円

メンバーがOP特別程度のハンデ戦で
実績馬は斤量を背負いますが
高速馬場でもないですし距離も1900Mと
タフな条件ですので小細工無しで実績馬から。
会報からの狙い馬は今年は中京開催ですので無し。
栗東坂路後傾ラップ調教馬から⑥⑧⑯は押えたい。
実績馬という意味は前残りでの⑨持押えます。


ウェスタールンドは中央競馬ではG1以外は必ず
上がり3位以内の脚を使う馬で力は健在。
1週コースの1900Mあれば十分に
ポジションの押上は可能なので力不足の馬が
最後の脱落していく中での差し脚に期待。





【サウジアラビアRC】☆☆
3人気3着

ステルナティーアとコマンドラインの2強は
前走の内容以上に仕上がりも抜けており難解な相手。
馬券は勝つのはどちらかという前提で
穴軸を絡めた三連単での勝負。
2強―穴軸2頭―2強の4点
2強―2強―穴軸2頭の4点
スタニングー2強―2強の2点
上記三連単フォーメーション10点勝負ですね。


スタニングローズは栗東坂路後傾ラップ調教馬。
前走は出遅れが全てで2強に逆転があるならこれ。







【神戸新聞杯】☆☆
8人気3着 89330円

早朝から昼までの雨の影響で穴の出番はありそう。
シャフリヤールは馬券を外さないでしょうが
三連系はオッズ異常馬まで8頭レース。


モンテディオは調教1番手評価。
コース追いでしたが素晴らしい可動域。
上りには限界がありそうな馬なので馬場悪化も歓迎。
馬番7番以内も(2-4-2-0)と巧者で
中京も3戦全て馬券内と条件は揃った馬。
青葉賞で大外枠の不利から今回人気の1,2着馬に
0, 4差の競馬ならば上がり馬の勢い含め同等の評価。





【オールカマー】☆☆☆
5人気2着 21980円

条件を考えれば場切れのあるコースですが
例年意外なほど堅いレース。それは頭数による影響も
あるのでフルゲートの今年は多少の波乱も有り得るレース。
例年穴は中山重賞実績馬(特に1800M~2200M)か
中山開催で20年以上連続で馬番6番以内の馬が
馬券に絡む内枠有利レースで狙いはそこから素直に。
会報からの狙い馬は穴軸以外では①③⑧


ウインキートスは内枠巧者で馬番7番以内(2-5-1-2)
20年以上続く内枠から馬券に絡むレース質に合う馬で
中山実績も(2-4-1-2)と文句なしの馬。
好枠から好位追走を容易にできる組み合わせで
直線で外目に出せれば醜聞に粘り込み可能な1頭でしょう。








【小倉2歳S】☆☆(8頭レース)
4人気1着 49390円

札幌2歳・新潟2歳S土曜に頭数が揃わず
波乱は期待できないレース。
雨で時計は遅かったですがフェニックス賞のレベルが
高くそこで上位なのに人気が上がらない馬から勝負。
相手はオッズ異常馬までの8頭レースとします。


ナムラクレアは2週連続栗東坂路後傾ラップ調教馬で
最終追切は終い11秒台の最速タイムを記録。
中間も終い11秒台の追切を土曜に行っており
函館2歳Sに続きナムラの激走なるか。





【北九州記念】☆☆☆☆
5人気2着 51840円

朝から小倉競馬場は雨模様で昼過ぎには
雨は上がりますが土曜の速い馬場と違い
稍重程度の少し時計を要する1分8秒程度の馬場想定。
展開からは行きたい馬も多くそれでいて雨上がりの
馬場でのフルゲートハンデ戦と荒れそうな要素は満載。
上位陣と下位馬では力差は明白ですが
重ハンデ馬の凡走に期待して勝負ですね。
会報からの狙い馬は穴軸以外では⑪⑫⑰
小倉重賞で昨年も今年も好走連発の
栗東坂路後傾ラップ馬から①②④⑦⑪⑮は押さえます。


ファストフォースは栗東坂路後傾ラップ調教馬で
調教は2強と同等の評価をしている馬。
更には会報からの狙い馬でもあり狙いどころ。
前走日本レコードで勝利していますが
稍重以上は4戦3連対と馬場悪化を苦にしない馬。
近6年で6頭馬券絡みのサクラバクシンオーの血を持つ
今年唯一の馬で血統的狙い要素も満点です。





【小倉記念】☆☆(8頭レース)
6人気1着 5人気2着 93130円×2本

雨は上がりましたが土曜までの豪雨で重馬場スタート。
晴れても時計のかかる稍重程度までが限界で
2分以上時計を要するタフな馬場。
狙い馬ニジンスキーの血を持つ
9人気アールスターの回避で実質8頭レースで
馬券的旨味は無いですが関屋記念の為に流れは作りたい。


ヒュミドールはヴェロックスと2択の
小倉記念最強血統であるグレイソヴリンの血を持つ馬で
オッズを考えれば狙えるのは人気が下のこの馬。
例年の高速馬場では少し苦しかった印象も
2分以上の馬場ならば3走前日経賞で
上がり3位での4着の競馬で十分足りるでしょう。


モズナガレボシは調教1番手評価。
高速馬場では用無しでしたが時計を要する馬場ならば
上がりのかかるレースで上がり3以内を記録し
馬券に絡んでいるこの馬が53キロで松山騎手
確保と今の小倉では狙い要素満点でしょうね





【函館記念】☆☆☆☆
14人気2着 201770円

土曜の函館2歳Sを外してしまったので勝負宣言は回避。
それでも過去12年11的中の実績は揺ぎ無く
今年も爆穴から攻めます。土曜の馬場はフラットで時計も
例年どうりにかかるタフな馬場状態でしたね。
展開は昨年ほど早くなならないでしょうが平均ペースで
どこからでもチャンスはあると判断して勝負。
会報からの狙い馬は穴軸以外では②⑤⑦


アイスバブルは現在15番人気の大穴軸。
過去10年中9年で馬番6番以内が必ず馬券になり
今年はこの馬の出番と判断するくらい仕上りが良い。
2走前メトロポリタンSで58キロを背負い
0,6差の競馬からも今回3キロ軽くなり内枠。
右回りは9戦して3回しか掲示板外は無く
3000Mや小倉大賞典0,4差など
参考外や僅差の5着以下ばかりで今回内枠の
軽量ならばスタートを決めれば十分チャンスはある。





【中京記念】☆☆☆
5人気3着 25030円

上位大混戦のサマーマイルシリーズ第2戦。
舞台はマイルではなく千八ですので小倉大賞典と
考えて予想して良いでしょうね。土曜の馬場は
差しも効くフラットな馬場で時計も標準的なもの。
今からの天気は微妙ですが土曜の傾向のまま勝負。
会報からの狙い馬は開催替りで無し。
栗東坂路後傾ラップ調教馬から穴軸以外で①⑤⑥⑧を拾う。


クラヴェルは1週前栗東坂路後傾ラップ馬で最終はコース。
動きの質も良くロータスランドに次ぐ調教2番手評価。
横山典騎手が12年ぶりに小倉遠征を決めたのは
この馬に惚れ込んでいるからであり前走も
51キロの絞っての出走で届かない位置から2着確保。
(3-1-1-1)と千八以下は安定した成績で
距離短縮と軽量を活かして今回も飛び込んで来る。






【ラジオNIKKEI賞】☆☆☆☆
4人気1着 316180円

開幕週ですが時計は意外にも要する馬場状態で
上がり3Fは35秒台の脚でも十分対応可能な馬場状態。
開幕小回りの行った行ったにはならないという印象ですね。
昼過ぎからの雨の影響もありタフなレースになる想定。
今年京成杯で先行した馬は非常にレベルが高く
素直にそこで好走した血統的にも重厚な馬から勝負。
開港からの狙い馬は穴軸以外では④⑨⑩⑮


ヴァイスメテオールは京成杯でも狙った馬で
先行して惜しい4着も上位3頭は強力な馬。
血統的にもマーメードSで8人気頭獲りの
シャトーブランシュが母ですのでタフな馬場は歓迎。
プリンシパルSは差し遅れましたが54キロのタフ馬場なら届く。






【マーメードS】☆☆☆☆
10人気1着 330150円

雨上がりの牝馬限定ハンデ重賞と非常に難解なレース。
それ故に配当も期待できるので大振りして良いでしょう。
馬場はレースまでには乾いて良馬場になるでしょうが
2分程度の時計になりそうでバイアスは土曜はインや
前でしたが日曜は展開次第で土曜の傾向は持続。
どちらにせよ小回りロングスパートの4ハロン勝負で
そういうレースで好走を続けてきた馬から勝負ですね。
会報からの狙い馬は穴軸以外では②③⑦⑫⑬⑭


シャムロックヒルは調教1番手評価。
50キロで1枠1番に入った先行馬ですので
10人気に留まっているのは嬉しい誤算。
難なく2,3番手確保できますし全3勝が
小回り2000Mで先行してのもので
2つ上の半姉サラスが制した舞台で妹の激走に期待。





【ユニコーンS】☆☆☆
3人気3着 793400円

例年堅いレースですが今年は上位大混戦。
それもレベルは疑問の大混戦で
買い人気に特に狙いたい馬も存在しないレース。
脚抜きの良い馬場で1分35秒台の決着が
想定され速い上がりのレースとうのが土曜の傾向。
会報からの狙い馬は穴軸以外では①⑧⑭⑯


ケイアイロベージは3人気ですが調教1番手評価で
▲予定を繰り上げての勝負。会報からの狙い馬でもあり
近2走のパフォーマンスからも上がり勝負は向く馬。
東京適性だけが未知ですが追い上げてくるでしょう。







【エプソムカップ】☆☆☆☆
6人気2着 84860円

土曜の馬場は高速馬場ですが差し馬場で内が悪い印象。
展開からは行く馬が不在でスロー気味からの
末脚勝負の舞台になりそうで内の悪い馬場で
脚を使ってしまう馬には不利と判断。
前1頭と差し馬2頭の勝負になると想定します。
会報からの狙い馬は⑧⑯⑰⑱


サトノフラッグは近2走は馬場悪化の影響での負け。
稍重以上は(1-0-0-4)
良馬場では(2-1-1-1)と
ダービー以外は全て上がり2位以内で馬券絡みの
典型的なディープ産駒でサトノレイナスの全兄。
今年戸崎騎手×国枝厩舎は重賞で(2-0-2-2)
馬場の良い外目を長い末脚で追い込むのはこの馬。






【函館スプリントS】☆☆☆☆
4人気3着 15280円

逃げ・先行で人気の2強想定だったビアンフェと
カレンモエが揃って大外へ行ったことで波乱要素は
1ランク上がったレース。開幕週だけに内枠の恩恵は大きく
差し馬も馬群を割れる馬が好ましいレースでしょう。
展開からも外目から2強が強引に脚を使いそうですので
スローペースは有り得ない流れでタフな勝負になりそう。
会報からの狙い馬は今年は札幌開催ですので無し。
二桁人気では5枠の2頭の末脚を押さえたい。


ミッキーブリランテは調教1番手評価。
近3走は1400Mの阪急杯0,3差で京王杯0,2差。
高松宮記念も苦手な大外枠から0,6差ならば
今回のメンバー相手では威張れる存在で
馬番7番以内は(3-2-2-2)と揉まれて
馬群を気にせず突っ込んでこれる差し馬の出番でしょう。








【鳴尾記念】☆☆☆
5人気3着 6344650円

アハルテケSは狙っていた馬が回避で
稍重以上5戦4勝3着1回のテーオーターゲットが
面白いと思いますが配信まで至らずで土曜は鳴尾記念1本。
金曜の雨で稍重開催は確実な中京の馬場。
先週は高速馬場でしたが今回は2000Mで
2分程度の時計の馬場と判断しスピード勝負より
自力勝負の度合いが高いレースになる。
狙いは相手弱化で浮上する実績馬。
会報からの狙い馬は無しで栗東坂路後傾ラップ調教馬から
③⑧⑪⑬は押さえたい馬です。


ブラストワンピースは有馬記念でも狙った馬。
心房細動の影響が無ければ手応えからも
有馬記念で来れていていたと思えるほどの馬で
今回の仕上がりは叩き台の報道はありますが
動きは十分に走れると判断できました。
単勝以外は馬券が売れていない状況ですので
カツジ・ケイアイノーテック・クリノガウディーを
復活勝利に導いた岩田騎手の剛腕にも期待。






【日本ダービー】☆☆☆☆
5人気1着 58980円

土曜の馬場は3歳1勝馬条件で2分23秒8の時計。
ダービーは平均ペースでも2分23秒程度の時計で
少しでもレベルが上がれば2分22秒台の高速馬場。
それでいて例年のCコース替りの内枠天国ではなく
差し優勢馬場というのが土曜の傾向。
今年のダービーは直線で新潟のように横一線に
広がっての追い比べになるのではないでしょうか。
展開は行く馬が外に入ったので外から主張して
1角までは速くなり平均ペース以下は考え辛い。
血統的に2分22秒台に対応できる馬に期待したい。
会報からの狙い馬は穴軸以外では①②⑧⑨
会報の過去10年連対データから穴軸以外で①②⑨⑫⑭
ちなみに穴軸は上記両方クリア。
土曜の葵S不的中で勝負宣言は出来ませんが
このままでは獲れないと判断し穴軸変更で
強引に流れを引き寄せて勝負します。


シャフリヤールは毎日杯をレコード勝ちした
ディープインパクト産駒が単オッズ8倍程度の
3人気想定だったのに実際は単オッズ14倍程度の5人気。
毎日杯の時計面の凄さは極悪馬場大阪杯の翌週に
記録したという点で考えて3着以下を引き離した事で
証明されますが2走前の共同通信杯もエフフォーリアとは
位置取りの差での結果でゴール前の伸び脚は
上がり同タイムでも勝っていたという事実。
過去5年で4勝で他にも馬券絡み4回の
ディープインパクト産駒の時計勝負馬場ならば
ストレイトガール×2回・エポカドーロ・
サクセスブロッケン・エイシンフラッシュと
究極の穴馬情報×藤原英調教師の
G1頭獲りコレクションに加わる可能性も高いはず。





【新潟大賞典】☆☆☆
4人気1着 31340円

新潟の馬場は内が痛んでいる馬場ですが
先行馬も内をあけてっ走るので有利不利は少ない馬場。
そして何といってもリピーターレースの新潟大賞典。
過去にはパッションダンスやダコールで何回も
美味しい思いをしてきたレースで今年も例外ではない。
会報からの狙い馬は①⑤⑥⑧⑨⑩⑪


サンレイポケットは▲予定を繰り上げて勝負。
左回り(3・2・2・1・0・2)で4着以下2回は
アルゼンチン共和国杯3着に0,1差の6着と
金鯱賞3着に0,1差の6着ですので
共にG2で惜しい6着と考えれば崩れることは難しい馬。
昨年の新潟記念の3着馬で2戦2連対の十八番コースです。






【天皇賞春】☆☆☆
4人気3着 11490円

阪神競馬場は稍重スタートで昼前後に少量の雨が
降る予報もありますがレースには影響しない程度で
高速化が無くなった良馬場という標準的な馬場設定でしょう。
展開は大逃げ馬も見当たらないので平均ペースで
1週目外回り→2週目内回りの関係からも
後半の持続力ロングスパート戦になり
春天とは違い直線が短く急阪というコース形態や
スタート後の1角までの短い距離を考えても
内目が有利な馬場設定で問題ないでしょうね。
狙いは阪神だからこそ狙える馬、今回の相手だからこそ狙える馬。
会報からの狙い馬は無く大穴で調教上位評価の⑮を抑える。


カレンブーケドールは牝馬の連続G1制覇の繋ぎ役。
昨年の大阪杯から今年の大阪杯までマイル以上のG1は
10個開催されましたが驚く事に勝利したのは全て牝馬。
ダービーをウオッカが制し、有馬記念をダイワスカーレットが
制した頃から始まった驚きの連続で夏冬のグランプリを
連勝するなど様々な驚きがありましたがクライマックスは
春天を勝つ事くらいでしょうか?そんな事は起こらないと
私が1番思っていましたが今年のメンバーを見れば
インで脚を貯めて抜け出す競馬で勝ち負け可能と判断。
右回り(1-4-1-1)稍重4戦4連対。
キレ勝負は分が悪く、機動力と我慢比べが得意な
重賞未勝利馬の激走に今年は期待したい。






【青葉賞】☆☆☆
6人気3着 22870円

データとしては過去10年で馬券に絡んだ30頭では
27頭が馬番12番以内というデータがあり(頭数の問題もあり)
20頭が前走2200M以上へ出走していたレース質。
簡単に言えば開幕2週目なので外より内が良く
2400M戦なので前走2000Mまでよりも
2200M以上の経験値が欲しいという事ですね。
今回は好枠と距離と牧場に焦点を当てて勝負。
会報からの狙い馬は穴軸以外では①②③⑥⑧⑨⑩


レッドヴェロシティは好枠に入った前走2200Mの
勝ち馬でノーザンF天栄仕上げで挑むデムーロ騎手馬。
ロンスパ戦になった前走は大寒桜賞の勝ち馬や
スプリングSの2着馬を寄せ付けない走りで
今回も先手を奪えればスローからのロンスパなら出番アリ。







【ニュージーランドT】☆☆☆
4人気2着 26790円

突出した馬も存在せず前哨戦もばらばらのメンバー構成。
引き続きBコース使用で時計も速くは無いでしょう。
バイアスはフラットと判断して例年どうりに
最後の直線までスムースに走れるかどうかの勝負。
会報からの狙い馬は穴軸以外では②③④⑤⑥⑦⑧⑬⑭


タイムトゥヘヴンは調教1番手評価。
弥生賞でも狙い三浦騎手で6着でしたので
デムーロ騎手で格が2枚落ちるメンバーに入れば
1人気でも可笑しくない存在と考えて
桜花賞馬で京成杯AHの覇者のキストゥヘヴンの仔を狙う。






【ダービー卿CT】☆☆☆☆
5人気3着 26010円

今週からBコース替りですが先週の馬場悪化開催も踏まえ
Bコース替りで内が復活しますが時計は1分34秒程度の
馬場設定かと思いますのでキレは必要ないレース。
展開からも大外の時計勝負に強い先行馬で人気だった
ウインカーネリアンの急遽の回避でペースも緩むと判断。
狙いは今年も当然インの前で問題ないでしょう。
会報からの狙い馬は①④⑨⑪⑫⑬⑮


ボンセルヴィーソは出るたびに狙っている馬で
マイルG3のハンデ重賞では欠かせない存在。
重賞は10回走って(0・3・5・3)と複勝率8割。
今回もスロー確定で内枠から先行できる利点があり
斤量も55キロのままならば栗東坂路後傾ラップの
仕上がりで今年は多少人気してしまいましたが粘りこむ。






【マーチステークス】☆☆☆
6人気1着 174080円
アメリカンシードは確かに強いですし55キロは有利ですが
G1馬参戦のようなオッズは過剰人気。
仕上がりと中山1800Mの適性を加味して
人気妙味馬から勝負ます。
会報からの狙い馬は穴軸以外では②⑦⑧⑫


レピアーウィットは昨年の3着馬でとにかく
中山1800Mは上手く走る馬。
4戦3好走ですが3回は上がり2位以内の脚と
先行出来て脚も使え更には時計勝負も問題なし。
好枠から衝撃的だった利根川特別の再現に期待します。






【阪神大賞典】☆☆☆
4人気1着 120400円
土曜は高速馬場でしたが日曜は一転して重馬場以上に
馬場悪化は確実なレースでスタミナ勝負にはなるでしょうね。
展開から行く馬は不在でペースは上がらないと判断。
アリストテレスも無理はしないでしょうから
前残りの凡戦を予想します。
会報からの狙い馬は①④⑤⑧⑨⑩⑫⑬


ディープボンドは調教1番手評価。
菊花賞でも狙ったステイヤーで7人気4着も
前崩れの差し決着の中で前々で粘った走りは
前残り予想の今回は和田騎手の積極性も加味して残すはず。






【スプリングS】☆☆☆☆
4人気1着 51870円
中山の雨は断続的に降りレース頃には重馬場になる模様。
メインまでに芝レースも4鞍開催され4角などは
特に痛みが生じているだけに内有利のバイアスは無くなる。
元々内回りを利用するロングスパート戦になりやすい
なか中山1800Mですので重馬場巧者の差し馬から。
1,2人気がキレ勝負の良血と気性難の三浦騎手なので
内枠の狙い頃の馬はどの馬も一長一短。
2強が共に凡走した時に獲っておく意味でも
仕上がり1,2を争う馬場巧者に期待します。
会報からの狙い馬は穴軸以外では①②③④⑥⑩


ヴィクティファルスは共同通信杯でも狙い7人気2着。
今回は▲を予定していましたが調教1番手評価で
馬場悪化に対応できるハーツ×ガリレオと文句なし。
ピッチ走法で小回りも問題ないでしょうから
2強が凡走しなければ堅めの馬券ですが狙います。






【中山牝馬S】☆☆☆☆
6人気3着 147950円
ハンデ戦で馬場悪化と非常に難解なレース。
先週までのバイアスは完全に前&インでしたが
雨の影響で傾向は変わってくるでしょう。
上りがかかる消耗戦になるでしょうが
変わらないのは中山巧者が走るという事。
プラスして馬場悪化にも対応できる血統と
実績を加味して勝負します。
会報からの狙い馬は穴軸以外では①⑨⑪


フェアリーポルカは調教1番手評価。
3人気程度と思い▲を用意していましたが
単オッズ13倍超えの7人気は明らかに過小評価。
昨年不良馬場で勝利しており血統からも
湿った馬場は歓迎と判断して良いはず。
中山は全て重賞で3回走って(1-1-1-0)
今回も好枠を引き当てたので好走は必至と判断。







【チューリップ賞】☆☆
3人気1着(同着) 2710円+6990円
メイケイエール以外は横一線の実績メンバー構成。
更にはメイケイエールが当てにならない気性と
更には出来がイマイチですので飛んだ時に
馬連でも三連複でも美味しい配当がある可能性を狙うレース。
会報からの狙い馬は穴軸以外では無し。
大穴推奨馬までのレースと判断。


エリザベスタワーは3人気になっていますが
どの馬券を見ても5人気以下の売れ方で
単勝だけカワタキ主効果で売れている存在。
前走は超スローで血統的なキレ負け。
今回は単純に長く良い脚を使えばデビュー戦の再現でしょう。

   




【オーシャンS】☆☆☆☆
6人気3着  168680円
先行する2強は内に入りましたが
差し&追い込みの3.4.5.6人気が
極端な外に入った枠順の並びから今の高速
内残り馬場を加味して多少の馬場悪化でも
痛みは少ないと判断するならば狙いは内で
2強のどちらかの凡走待ちをするレースになるでしょう。
会報からの狙い馬は穴軸以外では③⑥⑦⑨⑪


ビアンフェは去勢明けがだ展開利が見込まれる
短期逃げ可能で7人気は美味しいと判断する。
1400M以下で4角先頭は(3-1-0-0)
今回は速い馬は存在しないので好枠から逃げ残れる。






【阪急杯】☆☆
5人気3着 82340円
土曜のバイアスはペースが上がれば差し競馬で
平均ペースならば内有利という展開次第の馬場。
3強が実績も適性も抜けているレースで
枠も悪くなく総崩れは考え辛いでしょう。
ハイレベルレースになってくるので
状態と地力がある馬が狙い目でしょう。
馬券は馬連なら穴軸から3強への6点。
三連系なら穴軸から3強経由での購入。
会報からの狙い馬は穴軸以外では②⑥⑧⑭


ジャンダルムは2強に次ぐ調教評価で
4週連続栗東坂路後傾ラップ調教馬。
3週連続終い12秒以内とまさに本格化。
近走は展開が常に向かないだけで
乗り方1つで好走出来る状態&馬の地力は
十分と思っているので不利無く走ってほしい。





【中山記念】☆☆☆☆
5人気2着 22270円
土曜は準ОPのマイル戦で1分31秒8という決着。
1枠決着だったように明らかにイン&前が有利な馬場設定で
勝負圏内の馬の中で内からどの馬が2,3番手を
獲れるかの予想になるでしょう。外目に面白い馬も
存在し、スムースに先行できるかどうかを
予想するレースでもありますね。
会報からの狙い馬は血統傾向で②③⑦⑩⑫⑬


ケイデンスコールは京都金杯で狙い切れずに
大穴推奨にしてしまった馬。今回も栗東坂路後傾ラップで
好枠を引いたのでインから差して来れる。
左回りばかり使われていますが右回りも
2回走って毎日杯上がり最速4着など悪くはなく
スタートで後手を踏まなければ好勝負できるメンバーです。





【ダイヤモンドS】☆ ☆☆☆
7人気1着 28150円
ステイヤーズSのような無意味な出し入れが少なく
ラスト1000Mくらいからスタミナの貯蔵量勝負になる
ダイヤモンドSですので長距離経験か血統的な
長距離実績は重要な狙い要素でしょうね。
会報からの狙い馬は穴軸以外では⑥⑦⑧
血統からグレイソヴリン持ちの④⑦⑧⑬⑭は押さえたい。


グロンディオーズはグレイソヴリン持ちで会報からの
狙い馬にも一致する馬。天栄仕上げで結果を残す馬で
左回り7戦5連対は典型的なサウスポー。
前走中日新聞杯は加速力不足で5着でしたが
今回は長く良い脚を使える舞台で馬券内に届く。






【京都牝馬S】☆☆☆☆
9人気3着 59340円
開催2週目ですので従来の馬場の荒れた京都開催よりも
立ち廻りは重要とは思いますが阪神1400Mは
ペースが上がって差し馬も十分勝負になるので悩ましい。
今年は行く馬が揃いましたのでハイペースで残せる馬や
流れに乗って差し込める馬の出番はあると思います。
栗東坂路後傾ラップ馬は穴軸とイベリスのみ
究極の冬馬として⑥⑦⑯は押さえたい。


ブランノワールは距離短縮ですが血統的にも
半姉に1400M重賞4戦3好走の
ローブティサージュですのでチチロードカナロア
替りならば短い距離で化ける可能性は十分に秘める馬。
1週前後傾ラップで直前51秒台と攻めた仕上げも悪くない。





【共同通信杯】☆☆☆
7人気2着 67820円
ここは格上ステラヴェローチェが強いレースで
勝ち切れないと判断されてか単オッズ10倍未満に
6頭も入る上位大混戦。少しでも配当を期待したいならば
この6頭以外から勝負するのが筋でしょう。
上位6頭で決まったらそれまでと諦めます。
馬券はオッズ異常馬&大穴推奨馬までの勝負と判断。


ヴィクティファルスは過去5年で6頭馬券になる
東スポ杯特注のサドラーズウェルズを母系に持つ馬で
デビュー戦は外枠から好位差しという内容。
近親にシルバーステートを持つ良血で
左回りに滅法強い父ハーツクライならば激走も十分。






【京都記念】☆☆☆
6人気3着 5190円
頭数も少なくオッズ異常馬までの8頭レースと判断。
勝ち切れないラヴズオンリーユーが
2,3着になったときに勝てる馬を選ぶレースでもあり
上位7頭すべて単オッズ12倍以内の大混戦。
土曜の傾向から前が残るレースに期待する。


ダンビュライトは逃げ候補。
仕上がりも良く頭数が13頭以下のレースは
(4・1・3・1・0・2)と実績十分の
今回の条件ならば前で粘るのはコノ馬。






【クイーンカップ】☆☆☆☆
5人気2着 14760円
先週の東京新聞杯は平均より少し遅いペースでも
1分32秒4の勝ち時計だったように府中の馬場は
速い馬場で差しも決まっていますが外々を走っての
外差しではなくイン追走からの外差しが効くイメージ。
出来の良かった人気薄が存在せずどの馬も仕上げは互角。
ならば内で脚をためて勝負できる利点を考えれば
狙いは外目より内で問題ないレース。
上位人気凡走を期待しての中穴から紐荒れを素直に狙います。
会報からの狙い馬は穴軸以外では①②⑥⑧


アールドヴィーヴルは新馬戦でレースの上りより
1秒速い上がりで、更に上がり2位の馬よりも
0, 8秒も早い上がりで前残りを突き抜け圧勝。
調教の走りからも左回りが向くタイプの手前の替え方で
府中の良馬場ならば更にキレる可能性を秘める馬で
ルメール騎手騎乗ならば抜けた1人気になる良血です






【きさらぎ賞】☆☆☆
3人気1着 
オッズ異常馬までの上位8頭競馬想定。
1人気ヨーホーレイクは出来は悪くはないが
調教量が少なくスタミナに関して不満。
2人気ランドオブリバティも出来は良いが
前走の4角逸走の後で不安は大きく
残り6頭の中から勝負して2強が来なければ
大きく儲かるというイメージで購入します。


ラーゴムはアイビーSと京都2歳Sで連続好走。
安定した走りからも今回凡走は考え辛く
2強が凡走した時に馬券は逃せない。
オーソクレースを物差しにすればホープフルSでも上位でしょう。






【愛知杯】☆☆☆☆
8人気3着 79590円
先週の同じ条件準OP寿Sは60.3-60,1の
平均ペースで2分0秒4という時計。
今年の愛知杯は内にディアンドル&タガノアスワド
外にナルハヤと逃げたい馬が揃い平均ペースは
確実というレースになり牝馬の2000M戦ですので
スタミナかタフな末脚が求められる舞台設定。
センテリュオがトップハンデで出来がイマイチならば
波乱の芽は十分にあると思います。
会報からの狙い馬は穴軸以外では①②⑥⑨⑩
最後は気持ちよく共存したい⑪デンコウアンジュまで抑えたい。


ウラヌスチャームは唯一の5年連続馬券絡みの
ボールドルーラー系を母系に持ち3頭該当の
3年連続5頭馬券に絡む距離短縮馬。
2年前の愛知杯は3人気4着でしたので適性は間違いなく
内枠を引けて逃げ候補3頭の後を追走できる
インの5,6番手を楽に狙えるポジション。
前走エリ女は外枠から外々追走の大捲りと
凡走はまったく問題なく左回り連対率55%の適鞍で
スムースに先行出来ればスタミナを活かして粘りこめる。






【シンザン記念】☆☆☆
4人気1着 118210円
中京の馬場はボコボコな状態でどこも馬場は良くない分だけ
経済的に内を走った馬が有利かなという印象の馬場。
例年ならそろそろ内が駄目になるタイミングとも思えますし
騎手の心理も内の前に行くのは確実で
ここで賞金を加算して桜花賞直行予定の
関東馬ククナは大外枠からルメール騎手が
勝ちにいく騎乗をするでしょうからレースは動くはず。
立ち廻り勝負ならば③⑤あたりから狙うのが面白いですが
週中の狙い馬どうりに出来の良い馬から勝負。
会報からの狙い馬は無く上記③⑤に加えて
栗東坂路後傾ラップ馬から⑦は押さえたい。


ピクシーナイトは調教1番手評価。
自分の調子が上がらない時こそ仕上がりに自信を持った馬から
狙いたいですし前走出遅れなければ2戦2勝の馬。
出遅れて負けた相手も朝日杯FSで5着でしたので
今回の相手でも十分に勝負になる馬。
栗東坂路後傾ラップ馬で終い11秒台は素晴らしい動きで
千四からの距離延長ならばある程度の位置は取れるでしょう。